数年前リビングの大きなテレビが壊れ、
ついに先日、最後に残っていた
小さなテレビも処分し、
我が家にテレビは一台もなくなりました。



私は以前から、テレビはあまり好きではなく・・・

テレビの音や内容のよって、不快感が残ることが多かったから。

写真素材 PIXTA
(c) Asadal写真素材 PIXTA

それから、なんとなく見てしまい、あとになって時間がもったいなかったな・・

ということもあったり(+o+)
猫のチビアンが家に来てからは、私がテレビに夢中になると嫌らしく、
しきりに鳴くので更に見れなくなることに・・・


そのお蔭で特に夜はリラックスする時間が増えて、日記を書いたり、
ヨガをやったり時間に余裕が出来ました(^o^)



最近は本や雑誌などでテレビの悪影響について良く書かれているのを

目にするようになりました。


その中でも印象の残っているのが

「見るほうが、人の不幸や悲惨な場面を求めているので、メディアは視聴率

を取るためにそれにあった番組を作る」というものでした。


本当に人はそれを求めているの?と少し疑問にも思いますが。



そんな反面、水面下ではもっと人の心のとって優しいものを・・と願っている

人達もどんどん増えていることを感じます(^.^)

写真素材 PIXTA

(c) LAKSHMI写真素材 PIXTA

今だってステキな番組はあってそれを見逃しているかもしれませんが
これからは、もっと平和な明るい話題が少しずつ多くなっていくはず♪

私もそんな期待と予感がしています*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


それまでの間、我が家では、リラックスタイムを楽しむこととして
テレビを買うのはちょっとお預けかな(#^.^#)