ハーバルセラピスト講座2日目*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


写真素材 PIXTA
(c) sya30写真素材 PIXTA

講座を受けに行く車中、大通公園を横にさっぽろ中心街を通り抜け、

ビール園の近くのアリオモールに向かいます。



札幌雪祭りが始まり、大通近辺は観光バスがあちらこちらに見受けられました。

毎年たくさんの観光客に来て頂いて市民のひとりとしても嬉しく思います(^.^)



先週は講座を受けた翌日から、お腹の調子が悪くなり、風邪の症状に。

2、3日体調がすぐれず、最低限のものだけ食べていました。



そのおかげでデトックスされたのか、夜中の湿疹のようなものはピタッっと

おさまりました。



「食べなくていいものを食べていますよ、身体の声をよく聞いて」という

お知らせだったのですね。

気づきつつも食べていたような・・・(^_^;)



そんなこともあって新しいハーブティの挑戦は、「イチョウ」にしました。

イチョウの歴史は古く2億年前から地球に存在していたそう。

脳の血管を保護し、血液循環を促進するため、認知症・めまい・
耳鳴りなどに良いそうです。

私は更年期の症状?と思われる耳鳴りが時々して少し気になっています。

IMG_2406


それから、カモミール。

以前は時々飲んでいましたが、最近は飲まなくなっていました。

講座を受けていてカモミールの作用って多岐にわたっているなと感じました。

心身のリラックスさせ、ストレスのよる胃炎、不眠、それに冷え症や生理痛
などとテキストには書いていますが・・・

私が持っている本にも免疫、神経呼吸器、消化器系・・etc
様々な病気に適応するとチェックは入っていて、改めてすごいハーブだな♪と思いました。


この二つをブレンドして、しばらく飲んでみようと思います。



ハーブのことを勉強し始めて、気づきました。

家の中にあるものの中で、私が気に入って使っているものには必ずと言って

いいほどハーブの成分が入っていたのです。


IMG_2414

それらに共通するのは、「やさしく、気持ちいい」ってこと。

良くも悪くも敏感に反応が出やすい私にとって、もうすでにハーブは
なくてはならない
大切なものとなっていました(^o^)