いつもご訪問ありがとうございます

前回は「こころと身体は深く繋がっていている」という
お話をさせていただきました。

最近読んだ「私が神さまから聞いた人間関係の
ルールをお話しします。」という書籍の中に、

心身の不調は、7割が「考え方」の誤りによってもたらされ
その不調は、誰に対して思ったかで「部位」が、何を思ったかで
「症状」が決まる
ということが書かれていて興味を持ちました。

P1090559

今日はその書籍の中から、皮膚(じんましん、肌荒れ、アトピー性皮膚炎など)
の症状の場合について紹介いたします。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
自分を含むすべての人に対しての思いを改めなさいという
神さまからのサインです。
普段、塩水に手をつけても何ともないのに、傷やささくれができている
ときに塩水につけるとしみますね。それと一緒でこころが穏やかでない
ときは、ちょっとした人の言葉や態度にも敏感に反応してしまいます。
皮膚は、こころが過敏な状態のときに、いろんなトラブルを招きます。
赤ちゃんや子供の場合は、両親のこころの状態が出やすいのです。
じんましんやかぶれなどはいったんこころを落ち着かせ、いま抱えて
いる悩みや苦しみを神さまに全部打ち明けて「どうか一番いい形で
落ち着きますように、よろしくお願いします」と頼んでください。
ここで肝心なのは、結末(結果)を自分で決めて頼むのではなく神さまが
一番いい結果をだしてくださると信じて「一番いい形で」と頼むことです。
自分が出したい結果が一番いい結果とは限らないからです。
こころが穏やかになってくれば、だんだんと皮膚のトラブル
は落ち着いてきます。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
見落としがちなのは人だけではなく
「自分を含む」というところかも知れませんね。

いまの自分も、そして人も、あるがまま受け入れられているか?
無意識に拒否していることはないか?

「これもありなんだ」を積み上げていくことで
自分自身が柔軟になり、そしてどこからでも
幸せを受け取ることができるようになるそうです。

今日も素敵な一日をお過ごしください♪

いつも応援ありがとうございます♪
こちらにもフィトセラピー情報満載です!

フィトセラピー(植物療法) ブログランキングへ

salon aikon box
サロン・ド・ハーブ