いつもご訪問ありがとうございます

顏のなかでもいちばんエネルギーを使う「目」は
血液の質・量が落ちるとじゅうぶんに働けなくなるそうです。

その血液をきれいにして送り込んでくるのが肝臓。
つまり目のトラブルは、同時に肝臓トラブルがあると考えられるのだとか。

目の疲れやかすみだけでなく、目のまわりのクマやくすみなどの
症状が出てきたときは、たとえ血液検査のデータに異常がなくても
肝臓に注意して養生することが必要なようです。

05_02_旭山公園

今日は「顏を見れば病気がわかる」という書籍から
比較的症状が出やすい「目の下のクマ」「白目が赤い」
「目の疲れ」についてとりあげてみます。

目の下のクマ・・・血液が汚れると目のまわりが黒ずむ
目のまわりの黒ずみは、大きく2つの原因が考えられます
一つは血行障害で、もうひとつは泌尿・生殖器を支配する
五臓の腎の衰えです。「血行障害」は肉食の摂りすぎや
喫煙、夜更かしなどの生活習慣、精神的ストレス、過労、
貧血、寒さなどが原因で起ります。目の下の皮膚は、ほかの
部分より薄いため、血液の色をよく反映すると考えられます。
また、泌尿・生殖器を支配する腎が弱ると、ホルモンの分泌
が悪くなり、目の下にクマを作るだけでなく、皮膚が全体に
黒ずむ傾向もあります。

白目が赤い・・・肝臓が緊張し、血管が広がっている
目が血走ったように充血しているのは、目の疲労、もしくは
精神的なストレスが高まっていると考えましょう。疲労からくる
充血は「血行障害」が原因です。目の使い過ぎで器官が疲労
し、血液がうまく循環できなくなっています。目を休めて、首や
肩をまわす運動をして周辺の血行をよくすれば改善できます。
とくに目を酷使したわけでもないのに目が充血しているのは
「肝のトラブル」。精神的ストレスが過剰になると、ストレスを
受けとめる臓器である肝が緊張して、熱を持って目の毛細
血管が拡張していきます。イライラして怒りっぽかったり、
緊張しやすいなどの不調があるはずです。

目が疲れやすい・・・肝機能の低下
睡眠不足の日は、まず一番に目がショボショボと疲れやすく
なります。夜の睡眠中に、肝臓は血液を浄化し、栄養を与え
翌日に備えます。睡眠が足りないと、肝臓が血液を養う作業
を充分に行えないので、目に供給する血液が不足して、目が
疲れやすくなるのです。中国医学では、目は肝臓によって養わ
れていると考えています。すぐ目が疲れたり、視界がかすんだり
するのは、肝臓が弱っていることを示しているのです。西洋医学
の領域でも、肝臓の病気になると、目が疲れ、視力が低下する
などの症状が起こることはよく知られています。精密検査で
肝臓の異常を示す数値が出るのは、肝細胞の破壊がはじま
ってから。検査で肝臓が正常といわれても、目の疲れが気に
なる人は、肝臓をいたわってください。

目は健康チェックの重要なポイント。

こころとからだが元気なら、目に力が宿ります。
朝、起きて鏡を見たとき、ぱっちりと目が開き、目に力があるなら
心身ともに元気な証拠だそうです。

今日も素敵な一日をお過ごしください♪

ハーブティーでケア♪疲れ目・目の充血
Let's食養生♪肝臓からのサイン

いつも応援ありがとうございます♪
こちらにもフィトセラピー情報満載です!

フィトセラピー(植物療法) ブログランキングへ

salon aikon s2
自然食のカウンセリング サロン・ド・ハーブへ

 
ナチュラルフードのブログ オーガニックライフin Sapporoへ